データセンターという特殊な空間

datacenter

サーバーを触るエンジニアには、もう御馴染みの空間ですが、データセンタという場所があります。

データセンターって、どんなとこ?

一言で言えば、サーバーが「ラック」という棚に納められてて、そのラックが写真のようにズラっと並んでる場所です。

インターネット黎明期は、サーバーは自分の会社の敷地内においておく会社も、かなり多かったと思います。

ですが、サーバーは

  • CPUが暑くなるので、冷やし続けないと行けない(クーラーつけっぱなし)。
  • CPUのためについているファンがうるさい。
  • どんなセキュリティをほどこしても、手でさわれる環境だったら意味が無い。
  • デカいので、すごく邪魔。
  • 電源が落ちたらサービスが止まってしまうので、電源が落ちたりしないところが良い。
  • 起動しているかをずーーーっと監視しておきたいが、寝たりしたいので大変

など、社内に重要なサーバを置いて維持するのは、ちゃんとやろうと思ったら実は大変です。

とはいえ、社内で使うのみの用途の、小さなサーバ室を持っている会社もまだまだ沢山ありますけどね。

データセンターの特徴1 入館には事前に申請が必要

映画やドラマの影響で、ネットワーク越しのハッキングがすんなり出来ると思ってる人も多いですが、、、

実際は人為的に流出してしまう事が多いです。ベ○ッセの事件もそうでしたね。

それで、データセンターは入館を厳しく制限しています。自分の会社のサーバーとはいえ、データセンターに置いている以上は、そのルールに従わなくてはなりません。

どんな風に入館が大変かというと

申請書が居る

入館には事前に申請書が必要です。

  • 誰が?
  • いつ?
  • 何の目的で入館するのか?
  • パソコンは持ち込むのか?そのパソコンの製造番号は?
  • ウィルス対策はされているか(パターンファイルアップデートはしたか。最終スキャンはいつやったか)?
  • どこの会社の所属か?
  • 車で来るのか?

等の情報を事前に申請し、許可が出てやっと入れる事になるのです。はぁ。。

面倒くさい。

でも、これが大事。上記の事を記録に残す事で、情報流出時の原因特定にもなります。

データセンターの特徴2 生体認証システム

データセンターの入館には、いくつかの認証が発生します。

出入り口にカードをかざす、暗証番号を入力するなどはもちろん、
生体認証が用いられることが一般的です。生体認証なんていかめしい言葉でいうとまたアレですが、

皆さんが映画でよく見るアレです。
生物独自の特徴で、個人を認証します。

・指紋認証
iphone5sの登場で、すっかり一般的になった指紋認証。
パソコンも指紋登録のものがありますね。
もちろん、データセンタにもあります。
私みたいに手多汗症の人や脂性の人は、拭いたりするのがたいへんですね。

・網膜スキャン

images
チャーリーズエンジェルとかでありましたね!劇中ではコンタクトレンズ使って網膜を偽装したりしてましたが。。
あれも、もう普通に普及しています。

・静脈パターン

これが最もポピュラーかもしれません。
人の静脈パターンは千差万別で、手の甲や、手のひら静脈パターンで、個人を認証する方式です。機械にあらかじめ登録した手の甲や、手のひらを当てます。

実は結構読み取り精度がよろしくなくて、不整脈があったり、寒くて血流が悪かったりすると、なかなか認証しません。
手をこすって温めたりします。。

 

データセンターの特徴3 体調を崩す
データセンターは、コンピュータ(サーバー)にとって、とても快適な環境になっています。
快適な環境とは。。。
温度です。
今でこそ、処理速度だけでなく、省電力性も評価されるようになったコンピュータですが、
以前は「どれだけ早いか!」を無駄に競う文化がありました。
趣味でパソコンを組み立てている人でさえそうでした。
動画も編集しないのに、なんでこんなクロック数が要るんだ(・・;)と
おおいにうんざりしたものです。
そんな時代に良く問題になったのが「熱暴走」。
そうです。パソコンでさえ「暴走」するCPU。いわんや、サーバをや。
Pentium4でさえ、原子炉並みであったという熱密度。。
冷やすためにクーラーは冷え冷えです。
夏だというのに、UNIQLOのダウン持って行ってちょうど良いぐらいです。
いやマジで。
しかも、ファン(パソコン用の扇風機)の大合唱で耳がおかしくなります。
人にとって必ずしも優しい空間では無いでしょう。
ちなみに、その他データセンター、サーバー室あるある
・暗証番号忘れて、出られなくなった。
・携帯電話持ち込みが禁止されていて、どこにも連絡が取れない。
 サーバー構築で質問したいのに、その都度外に出なくてはならない。。。
・飲み物食べ物持ち込み禁止のため、ペットボトルの水さえ持ち込めない。
 喉が乾いたら外へ。。
・一度入ったら、休憩、喫煙さえままならないところも。
・指紋がなかなか認証せず、出られなくなった。
いかがでしたでしょうか?
サーバー室へ入った事が無い人も、この環境のつらさが少しは分かってもらえたでしょうか。
A女「ご職業は?」
B男「SEです」
A女「キャー!最先端!」
とかいう幻想は、無くなったでしょうか?
皆さんに現実を叩き付けれないまでも、現実で撫でまわすぐらいはできましたでしょうか!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です