iphoneやipadからwindows使いたい。其の2

前回のエントリの続き。

1.まずは、ソフトをインストールしてみよう。

外出先からでも、家の中からでも、iphoneやipadでwindowsにリモート接続するには、ソフトが必要になる。

今は便意なもので、Windowsの作成元であるMicrosoft社の出したソフトがちゃんとあります。AppStoreから、[Microsoft]で検索すると、[Microsoft Remote Desktop]が出てくるので、インストールしましょう。

実は、このアプリ、、、偽物(?)が居るんです。IMG_0001_2

似たような名前と言うべきでしょうか?

そのアプリの画像はこちら

IMG_0002_2

 

 

 

 

本物:Microsoft

似てるもの:Mochasoft

・・・・・・・・似ていますね。

ここでは、Microsoftの公式なアプリケーションをインストールしまーす。

2.接続先を調べよう

1で、アプリケーションを入れたので、必要なアプリはこれでOK。アプリを入れたら、どこに接続するのかをこちらが指示してあげなければなりません。

皆さん一度は聞いた事あると思います。IPアドレスというものを!

WindowsのIPアドレスを調べる方法はいくつかありますが、最も手っ取り早いのが、コマンドプロンプトで表示させる方法です。慣れてない人が見たら「うわぁつ」てなりますが、ここは何も考えず、次のようにしてみましょう。

IMG_00002

Winowsの一番左下のボタンをクリックして、その上にでてくる入力するところに、cmd と入力して、Enterを押してみてください。

 

そしたら、なんかよくわからない黒い画面が出てきますので、その中で「192.168.×.×」とか、「192.172.×.×」とか書いてあるところがあります。

 

 

IMG_00001[IPv4アドレス]というところに、192.168.8.5 と書いてありますので、これを控えておいてください。

これがwindowsパソコンに設定されているIPアドレスというもので、先ほどインストールしたアプリケーションで設定が必要なものです。

 

3.よっしゃ接続ー!

ではでは、とりあえず接続してみましょう。先ほどインストールしたアプリを起動すると、まず、下記の画面が出てきます。

(ここでは、iphone、ipadが、Windowsと同じネットワークに居るものとしますね。

家にネットがあって、Windowsでネットが使えて、iphoneがwifi繋がってたらだいたいOK!)

IMG_0031_2 新しい接続を作成するので、一番上の「New Remote Desktop」をタップします。

 

 

 

 

 


IMG_0032_2

すると、この画面が出てきますので、「Connection name」に適当な名前(呼び名を決めるだけなので、何でも良いです)を入力し、ます。

次に、「PC name」に先ほど2で調べたIPアドレスを入力します。例えば、192.168.8.5 とか。

で、次に「User name」をクリックします。

 

 

IMG_0033_2この画面では、接続したいWindowsのUsernameとPasswordを入力します。Usernameというのは、Vista,7であれば、ログインする時にクリックする絵の下に書いてあるもの。

パスワードは、ログインするためのパスワードです。

IMG_0039

 

設定が出来上がったら、作成した設定の名前をタップすると。。

「接続するよ?」と聞いてくるので、

真ん中、もしくは下の蒼い文字のボタンを押しましょう。

 

IMG_0006_2ログインする時の画面に進み、

IMG_0007_2

 

 

 

ようこそ画面が表示されます。

 

あとは、自由にさわるだけです♪

寝そべってiphoneさわってるけど、パソコン開く必要があるが、布団から出たく無い時などには最適な使い方です。

IMG_0037

IMG_0881

iphoneの画面。

 

 

 

 

ipadの(モスにて)

 

 

 

ちなみに、やめる時は[ログオフ] [切断]です。

この機能、何となく楽しいです。

外出先からもコレを応用して触る事が出来るのですが、VPNを使用できればという話です。

VPNとは、外に居るのに、家の中のネットワークが安全に見える機能の事です。

その説明はまたの機会に。。。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です