iphoneやipadからwindows使いたい。其の1

時折、出張等で出かける時に、どうしても”MicorsoftOffice”を使用して編集作業を行わねばならない事があります。

しかし、、出来れば思い大きめのノートパソコンとか持って行きたく無いし、荷物を増やしたく無い場合があります。

そんなとき、ipadやiphoneが使えたら。。。

そんな時に便利な方法をご紹介します。

先ず、結果こんな感じになります。

IMG_0881 写真は、モスバーガー店内で撮影しました。

1. マウスはどうするの?

この画面をどう触るかというと。。

イメージでは、ノートパソコンのタッチパッド(キーボードより手前についてる、指で触ってマウスポインタを動かすタイプ)を触ってる間隔と同じです。タップでクリック、2回タップでダブルクリックです。

ipadの画面全体がタッチパッドになってる感じですね。

2. キーボード入力は?

IMG_0882

文字入力は、ipadのキーボードが使えます。

ただ、僕はこの方式の入力に慣れておらず、これでタッチタイピングは出来ません。。。

そこで、僕は以下のアイテムを使いました。

3. 使えるガジェットは?

 

IMG_0875

BloueToothのキーボードがると、とても便利です。私はもちろん、Apple純正のキーボード!知人から、純正じゃないものは、粗雑なメーカー、商品だと、プツプツ本体との接続が切れるらしい。

やっぱり便利です。これならいつものようにタッチタイピングできるし、なにより、 キーボードを画面に表示させておく必要がないため、画面を大きく使えるのです。

こんな感じで。

IMG_0876コレなら、見やすく、打ちやすい。

なにより、iphoneのように、指で画面の一部をズームできたりするので、小さい文字での入力にも便利です。とりあえず、今回は使用感をお届け。

次回は、、、「結局これ、どーやったらできるの?」編!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です