ラーメンを「一蘭の森」で食べてきました。

IMG_0148

世界的なラーメンブームが巻き起こっているようです。

パリ、ドイツ、アメリカ。。

しかし、僕の推し麺は、今も昔も一蘭です。

さて、今回は街中の普通の一蘭ではなく、糸島にある一蘭の森

のご紹介です。この施設は、一蘭工場を糸島に立てると同時に、一蘭が社会貢献として環境貢献としてやっているところです。

そして、ラーメンも食べられます!しかも、街中の一蘭では食べられないラーメンが食べれるらしいです。

一蘭について詳しくはこちらをどうぞ。

1.独自ラーメンが2種類

店内は、年代ごとに分かれた昭和の屋台をモチーフにしています。

IMG_0155 IMG_0156 IMG_0157

ラーメンは、通常の街中のラーメンと違うラーメンが2種類、週代わりで提供されています。つまり、2種類を一気に頼めません。。私が行った週は、「市場系とんこつ」という種類でした。

市場で働く人がさくっと食べれるというコンセプトです。

IMG_0158

味は、一蘭のラーメンにしては、ややあっさりしていますが、スープのコクはそのままです。

総評すると、いつもの一蘭のラーメンとは違いますが、あっさりが好きな人は、これ、凄く良いと思います。

いつもの一蘭の味はそのまま、あっさり感だけがシンプルに増している感じです。

一蘭フリークの人はもうわかったと思いますが、赤い「秘伝のタレ」はつきません。

次回はもう1つの独自ラーメン「滋味系とんこつ」という、濃厚らしいラーメンを食べてみたいです!

※おなじみの一蘭のラーメンも注文出来ますよ♪

ちなみに、替え玉も可能。

IMG_0161

IMG_0159

街で食うよりさらに高いのが玉に傷。。

2.施設

福岡からだと、都市高速使って行った方が早いです。わりと山の中にあって、見つけるのに少しだけ苦労します。

(古いナビだと、住所出ない。。)

山奥にありますが、ある程度まで行くと看板が立ってるので、それに従えば着きますよ!

IMG_0145

 

絶対間違うと思うんですが、手前は搬入用みたいです。

IMG_0147

奥の駐車場は、素晴らしい眺望です。糸島の自然が一望できます。

IMG_0148

趣のある竹林を抜けて、ラーメンを食べる場所へとまいります。

お昼前は当然行列ができるので、お早めに行く事をお勧めします。。

IMG_0150

竹林が趣きあって良い感じ。

食前、食後は工場見学や、お土産屋さんを見るのも楽しいですよ。

 

IMG_0169内部には、一蘭の会社紹介や、社長の言葉などもあって、結構勉強になります。

IMG_0173

 

 

このお土産のラーメンが、市場系とんこつに近くて、結構美味しかったです。お土産にはオススメ!

 

 

 

 

IMG_0182

 

夜には竹林や自然のライトアップショーもあるそうなんで、デートにもオススメです。

3.触らずにはいられないゆるキャラ

一蘭にゆるキャラが居たなんて、20年以上一蘭好きな私でも知りませんでした!

 

IMG_0171「ブヒ」「ブー」「ブフォ」などの豚語を使うのが特徴です!

IMG_0168

 

まとめ

普通の一蘭のラーメンも楽しめて、独自ラーメンも意外に美味しかったので、デートや、休日の気分転換にはオススメのスポットです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です