富士通サーバと仮想化セット!

富士通サーバで仮想マシンを作るとき、例えば、以下の構成の時
ーーーーーーーーーーーーーー
|仮想マシン2|仮想マシン1|
ーーーーーーーーーーーーーー
|   物理サーバ     |
ーーーーーーーーーーーーーー

まず、物理サーバは「server view」でインストールをはじめる。

IMG_0530

仮想マシン1、仮想マシン2は、付属の別のインストールCDを用いて
インストールしなくては、どうやっても認証出来ない。
Microsoftの評価版にライセンスを入れてもダメ。
メディアとライセンスが完全に紐づいているらしい。
むかしはこんなこと考えもせんやったなぁ。。

ちまたには、いろんな方法が記載されているけれど、
http://piro-shiki.dreamlog.jp/archives/42942003.html

1CPU2VMのライセンスを使うには
IMG_0527

こいつじゃないとどうやってもダメだった。。

そうすると、サーバ本体に記載のプロダクトIDにて、あっさりライセンス認証できる。

いやぁ、、これ知らないだけで一日損したよ。。トホホ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です