データセンタでの作業に必要なアイテム達

先日のエントリで、データセンタという場所についてごしょうかいしました。

その空間があまりに特殊なので、色々と必要なものがあります。

データセンター、サーバー室で働く際に、僕が『必要』『あった方がいい』と思うものを下記に列挙します。

・ユニクロのダウン

IMG_4344.JPG

データセンタは、サーバーの熱暴走を防ぐため、春夏秋冬問わず、気温が低いです。
クーラーは年中稼働していて、ダクトからの送風もすさまじく、夏に半袖のまま行ってしまった日には、絶対に体を壊します。

かといって、夏でも、残暑厳しい秋の初めでさえ半袖の中、データセンタまでの道のりを、コートなんて着ていけないです。
邪魔です。

クールビズしたいです。

そこで、僕がデータセンタに行くときに持っていく必須アイテムは、やはり、
たためるアレ。
UNIQLOの畳めるダウンです。

畳むことができるので、パソコンを入れるビジネスバックにコンパクトに収まります。
缶ジュースより明らかに軽いので、持ち運びもとても楽。
おまけに、冬用ウェアなので、防寒性もばっちりです!
個人的には、首元、頭も寒さから守れる、フードつきをお勧めしています。

・防音イヤフォン

結構な騒音で、耳が変になる事があります。

パソコンでも、大きな処理によって負荷が高くなると、どこからともなく「ふぉーーー」って
ファンの音が聞こえてきたことがあると思います。

CPUがたくさん処理をすると熱を持ちます。
それ故、CPU専用の扇風機(ファン)が付いているんですが、あの音は、それが激しく回り始める音です。
動画編集なんかしてると、パソコンが熱くなるアレです。

パソコンでさえあの音がするのに、パソコンの処理を集約するサーバーにそれなりの負荷がかかると、

かなり大きな音がします。
しかも、サーバー室にはそれが数百台あるので、、、

実際、隣の席の人の声が聞こえない時があります。ボソボソ喋るSEの声は、全く聞き取れなくて
一喝することもしばしば。

常駐する人は、一人が多いので、そんなときに音を遮断するイヤフォンを持って行っているそうです。
たしかに、サーバー室で数時間過ごして外に出ると、街中でも普段より静かに感じます。。
騒音を長時間聞かないといけない状況にされると、人によっては三半規管に影響があったり、
頭が痛くなったりするので、健康のためにはこの装備がおすすめです。

・楽譜置き
これは意外に思われるかもしれないです。。。

だがしかし、これがあると便利!なぜなら、サーバ室で作業をするときは、

立ったまま作業をすることが多い!

サーバー用のディスプレイ(KVMと呼ぶことが多い)は、立ったまま操作することを前提に、人のみぞおちあたりにセットされることが多いです。

立ったまま、キーボードや、マウスの替りのトラックパットなどさわっていると。。
手がふさがって、手順書とか持てないんですよ旦那。

サーバーの設定は難しかったり、一回間違うと大変な手戻りが発生するため、事前に作成した書類を見ながら行うことは当たり前体操!

だがしかし、手順書がものすごく見にくいのです。
そこで、ある現場で指揮者が楽譜を置くあれを持ってきて、そこに手順書を置いてる人が
居たのです!
これは便利。。
両手でしっかり作業しつつ、手順書もものすごく見やすいポジションにスタンバイできる。
なんて素晴らしいんでしょうか。。

以上。エンジニアあるあるでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です