ポジティブすぎる、経営者の哲学 その1

こんにちは。isseiです。

ここ1ヶ月ほど、下のこんな本を読んだり聞いたり(Audibleで)していました。

  • 「運が良い人の法則」
  • 「心配事の9割は起こらない」
  • 「イヤな気持ちは3秒で消せる!」
  • 世界一ふざけた夢の叶え方

このラインナップを見てピンときたあなたは、きっと人の気持ちがわかる、優しい方です。

そう、私、なんか日常(仕事)に喜びを見出せないのです。

(格闘技している時と、カフェをやっているときは別ね。)

背景にあったイヤな出来事は、書けばきりがないので、ここでは省略します。

簡単にだけ書くと(∑(゚Д゚)書くのかよ)人に騙され、騙した相手を恨み、その結果が招いた自分の置かれている立場に憤り、怒りの無限ループにハマっておりました。

わかりやすく言うと、、、、ちょっと病んでいたのかもしれません。

そんな私ですが、元来負けず嫌いな性格。必死に失敗から学ぼうとしました。

そこで自分に足りないものをあれこれ考え、上のような本を読んだわけです。

ですが、どうもスッキリしないのです。

あくまで個人的な感想ですが、本の感想を全部まとめて極限まで簡略化すると、以下のようにあらわせます。

  • 清く正しく、脳をフル活用すれば、いずれ幸せはやってくるぜ♫
  • 前を向いて人生を歩こうぜ♫
  • 不幸なんて、脳を不幸な思考にしているから沢山やってくるんだぜ♫

相当簡略化していますが、これらの本からの学びの共通点って、こんな感じなんですよね。

人に騙され、抜き差しならない状況となり、一体どうしろというのか?前ばかり向いてやってられるわけないだろう。。そう思っていました。

これ、僕の読み取る力の無さのなせる業なのか。。。この本にはもっと別のメッセージがあるのか。。と日々を悶々と過ごしている中、ひょんな事から、2人の経営者と会食する機会がありました。

仮に、社長A と、社長Bとします。

この2人との会食で、僕は彼らにとんでもない成功の共通点を見出しました。そして、上記で挙げた本の内容に、間違いがなかったことを実感したんです。

さて、参考までに、二人の社長の会社の状況を整理しておきます。

  • 主力の役員が独立
  • 稼いでいた人材がどんどん独立した役員の会社へ出奔。
  • 社内の誰も、飲みに誘わず、人望が無い
  • とにかく社員の離脱が止まらない
  • 新規事業が軌道に乗ら無い
  • 収支が安定しない
  • 売れる自社製品が無い

「人」、「物」、「金」の観点で見ると、

「人」居ない。離脱する。

「物」自社製品が無いから粗利も低い。

「金」稼ぎが安定しない。

と、あまり状況は芳しくない。

収支が安定しないから社内の必要経費を抑える。例えば、営業車で交通事故を起こしても、社員が金銭面もその責を負うなど、なかなかの倹約ぶりだ。

さて、これだけ書いたら単なる悪口になってしまうけど、ここで言いたいことはそうじゃない。

実は、こんなに酷い状況でも、彼らは毎日楽しく、イキイキと過ごしているんです。

それはなぜか?そこに今回の話の肝があるとです。

彼らは決して愚鈍ではない。ではなぜ、こんな状況でも笑っていられるのか。

じゃ、眠くなったので、次回続きを書きます。おやすみなさい。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です