書評 何故か35歳から伸びる人、落ちる人  清水克彦 Audible



通勤時間が片道1時間と、なかなかの痛勤なので、最近はAudibleを、聞きながらのドライブ。

その中で、オススメできる本があったのでご紹介するとです。

1,引き寄せっぽい

こちらの本も、最近読んでる本と似てるところがかなり。

「運がいい人の法則」でも、久瑠あさ美さんのAudibleでも言っていたことだが、行動で人は変わる。積極的に行動すると、人から積極的な人だと評価され、「積極的な人」扱いをしてもらえる。

結果、仕事を持ってきてもらうチャンス。飲み会に誘ってもらうチャンスが増え、人生が変わっていく。

あぁ、結局そういうことね。と納得。

2,歳を取っても、人生を投げない

筆者の清水克彦さんは、「自分は40で気がついた。30代の君たちは、まだ人生を捨てるには早い」と繰り返し言ってくれた。

この言葉に救われ、ここ数年勝負を投げていた僕も、少しだけ力が湧いてきた気がする。

3,ロスジェネのことをよくわかってる。

ありがちな自己啓発セミナーによく出てくる、無駄なポジティブさは感じられない。

僕らロス時(貧乏くじ世代)が置かれている状況を、客観的かつ正しく認識していて、その上でアドバイスをくれる。なので、スッと内容が入ってくる。

この本で、特に心にきたことをまとめると

  1. 偉い人に媚を売らない。時には主張するべし。
  2. ホームランも、ヒットも、バッターボックスに立たねば打てない。
  3. 直感は正しい。行動するべし!

こんな感じです。

じゃ、またねん♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です