人間は必ずミスをおかすものだ。

職場の人々を観察していて、気づいた事があります。

それは、

頭が良い人ほど、メモを取っていない。
ここで言う頭の良い人とは、

  • 自分が頭いいと思っている人
  • 自分の記憶力に自信がある人
  • 人から仕事ができると雰囲気だけで思われている

と定義します。

彼らは頭が良いと、自分で思っているので、「ミスなんてしない。」「記憶違い等しない。」
と思い込んでます(実際には忘れっぽくてわがままなだけの人も多いです)。
だから、ミスを犯すという前提が無い。。そのため、ミス防止の取り組みをしない。

こんな人は、議事録を取らなかったり、打ち合わせの中で大事な事をメモせず、後から同行者に「あれどうだっけ?」と必ず聞いて来る人が多いような気がします。

どんな天才でも、必ずミスをします。
システム系だったら、

  • プログラムにミス防止のサブルーチンを入れる
  • コンソールを触るときは、メモ帳にコマンドを書いてからペーストする
  • 実際に作業をする時には、検証環境で確認してから

これらを注意して、ミスして嫌な思いするのを無くしましょう。

そして、打ち合わせ議事録は絶対に取りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です